確定申告の必要書類

確定申告の必要書類

確定申告,必要書類

【確定申告の必要書類】

 

 確定申告には、まず確定申告の申込書が必要です。様式は確定申告書Aと確定申告書Bがあります。用紙は最寄の税務署で入手できます。
 A様式とB様式の2種類のちがいは、Aは主に給与所得者や年金所得者の確定申告向け、Bは主に個人事業者や分離課税対象の所得がある人の確定申告に使います。要するに、一般的にはサラリーマンはA様式、不動産所得や譲渡所得などがある場合はB様式を使います。また、B様式はその他、必要があれば分離課税用、損失課税用の別表を添付します。
・A様式……給与所得、雑所得、配当所得、一時所得を申告する人で、予定納税のない人
・B様式……事業所得、不動産所得、利子所得、総合課税の譲渡所得などを申告する人
・B様式と別表
 分離課税用……土地建物などの譲渡所得、株式譲渡所得、山林所得、退職所得、商品先物取引の所得などを申告する場合
 損失申告用……不動産や株式の譲渡損失がある場合、損失を翌年以降に繰り越す場合

 

申告書の他に、源泉徴収票や必要経費を証明する領収書、控除を受けるための証明書、登記簿謄本や住民票など、申告前にはそれらの書類を集めて申告書に添付できるように整理しておくようにしましょう。

 

<確定申告の申込書の他に必要な書類>

  1. 源泉徴収票
  2. 必要経費の領収書
  3. 決算書、収支内訳書等の明細書・計算書
  4. 各種控除を受けるための証明書など 

 


節税サポート「確定申告が自分でできる」サポートはこちら!


確定申告をしなくてもいい場合

収入があっても、確定申告をしなくてもいい場合もあります。

 

●給与所得を一カ所から受けている場合で、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額(地代、家賃、原稿料など)が年間20万円以下の場合

 

●給与所得をニカ所以上から受けている場合で、「主たる給与」の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が年間20万円以下の場合