アウトレットモール広島

アウトレットモール広島

アウトレットモールが広島県の広島市にオープンしました。名前は広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップと呼ばれ、中四国地方最大級のショッピングモールとなっています。

アウトレットモール広島は海辺に隣接されていることから内部に水を利用するなどして雰囲気を盛り上げてくれます。広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップというネーミングのマリーナホップとはマリーナHOPが正式で、HOPはHiroshima Omoshiro Placeの頭文字を取った造語からピックアップされ命名されました。

アウトレットモール広島のマリーナホップはレトロなマイアミビーチをコンセプトに作られています。アウトレットモール広島はすぐ側にヨットハーバーがあり、1950年代のアメリカ・マイアミをイメージして作られたこのマリーナホップはビーチサイドでのバカンスを楽しんでいるかのような感覚でショッピングを楽しむ事が出来ます。

イメージカラーとしてもカラフルなパステルカラーをふんだんにしておりとても華やかな雰囲気になっています。
アウトレットモール広島は1950年代のアールデコ様式を基本にデザインされており、ショッピングしている間はまるで異国の地に降り立ったかのような錯覚にすら陥るほどだそうです。

【 最 新 お す す め 情 報 】

アウトレットモール広島の店舗

アウトレットモール広島に店舗を構えているショップは、全体の40%が広島県初出店のショップとなっており集客力を高めています。

 

さらにアウトレットモール内部の通路では、常時といって良いほどいつもイベントが行われており、アウトレットモールを流れる運河であったりシーサイドレストランからはヨットハーバーが一望出来るなどといった施設構成もリゾート気分を高めてくれます。

 

通路中心は天井のないとても開放的な作りとなっており、どのショップにも気軽に入って行きやすい雰囲気となっており非常に好感が持てます。

 

大型テーマパークで各所に点在するお店に立ち寄るようなイメージをしていただければわかりやすいかと思います。更にこのショッピングモールには高さ40メートルにもなる観覧車が併設されており、ショッピングモールに訪れる際、初めてでも遠くからでもはっきりと視認する事が出来て、ランドマーク的な存在にあります。

 

この観覧車、当初はもっと大きな大観覧車と呼べるような物を作りたかったそうなのですが、広島西飛行場が側にある為に航空法に引っかかってしまいあまり大きく作ることは出来なかったそうです。