サラリーマン平均年収【事業所別】

サラリーマン平均年収【事業所規模別】

サラリーマン平均年収を事業所規模別にみると、従事員10 人未満の事業所においては343 万円(男性428 万円、女性242 万円)となっているのに対し、従事員5,000 人以上の事業所においては560 万円(男性739 万円、女性260 万円)となっている。(国税庁:平成19年民間給与実態調査)より

 

 しかし、これはあくまでも平均であって、その中身をじっくりと考えてみる必要はある。数人規模で経営していて年商10億円を超える企業もじつはあったりする。

 

 また、一部上場企業だからといって、平均年収が560万円以上だから、自分もそうかといえばそうでもない。
 最近は、嘱託社員や派遣社員の割合が多くなっており、到底サラリーマンの平均年収に届かない人が大勢いる。
 なのに、なぜ平均年収が560万円になるかといえば、管理職などの年収が平均を引き上げているだけのこと。社会の構造は、ピラミッド型になるので、実は平均年収というものはあまり意味がないというのが本当のところだ。

サラリーマン平均年収【企業規模別】

〔企業規模別の平均給与〕
平均給与を企業規模別にみると、資本金 2,000 万円未満の株式会社においては382 万
円(男性456 万円、女性251 万円)となっているのに対し、資本金10 億円以上の株式会社
においては614 万円(男性733 万円、女性306 万円)となっている。
なお、個人企業においては262 万円(男性331 万円、女性225 万円)となっている

 

サラリーマン,平均,年収

 

(国税庁:平成19年民間給与実態調査)より