モスジーバー

モスジーバーって知ってます?

モスジーバーって知ってますか?モスバーガー東京五反田東口店ですが、そう呼ぶ人はいないそうで、モスジーバーとみんな呼んでいます。でも、モスジーバーは大切なことをいろいろ、教えてくれますね。

 

先日、ラジオを聞いていたら「モスジーバー」のことを紹介していました。モスバーガー東京五反田東口店ですが、場所柄もあって、バイトの求人に若い人が少なくて年齢を上限60歳にしたら、59歳の女性が応募してきたそうです。

 

そして、いざ働いてもらったら、まず若者のようにいちいち礼儀やあいさつは教えなくても経験豊富で必要なし。また、マニュアルにはないサービスも自然な感じでやってしまう。ハンバーガーができるまでの時間も、ほんと自然な感じで会話になり、お客さんも間をもてあますことがない。

 

雨で、濡れたお客さんがやってきたときには自然にタオルを渡し「はい、どうぞ」。そんなことはマニュアルには一切書いていないのです。いまでは、最高齢75歳の店員さんもいるとのこと。自然で、あたたかい気配りのサービスにモスジーバーは大人気だそうです。
 このラジオを聞いて、思ったのは、昔、まだ俺が子供の頃って、「○○商店」ってのが必ず近所にあって、こんな感じだったなあと。○○商店にはマニュアルなんてものは当然あるはずがない。

 

でも、普段のあたりまえの人間的な心づかいってのがあったなあ。人と人のふれあいが当たり前にあった時代・・・。
 そんな、人間として当たり前のことが失われかけている時代に「モスジーバー」は、大切なことを教えてくれます。