家計のやりくり

家計のやりくりの基本は?

家計のやりくりの基本は、「入るを計って、出ずるを制す」です。これが、基本中の基本です。

 

有名なところでは、本多静六博士の四分の一天引き法というのがあります。

 

入ってくる給料の四分の一を貯蓄に回すというものですが、家族に協力と理解を求めて、どんなに大変な時でも必ずその原則は守ったということです。

 

たとえ、ご飯のおかずがなくてごま塩だけのご飯でも、それを貫き通したといことです。

 

その後、本多静六博士は大金持ちになっていきます。