日商PC検定3級

日商PC検定の試験内容【知識科目】

ユーキャンの日商PC検定講座の資料請求はこちら ⇒ ユーキャンの日商PC検定3級講座

 

日商PC検定3級の試験範囲【知識】

 

 

〔文書作成〕

 

●基礎的なビジネス文書のひな形と種類についての理解がある。

 

●ファイリング、共有化、再利用などの文書管理についての理解がある。

 

●日本語の理解力としての文法、表現、用字、用語、敬語、漢字、慣用句を理解しビジネス文書を作成する基本的な能力がある。

 

●文書の作成についての基礎的な文章構成や表現等をマスターしている。

 

●ビジネスマナー、文書の送信・受信等のマナーなど、ビジネス文書に関わる基礎的な決まり等をマスターしている。

 

 

〔データ活用〕

 

●会社間の業務における見積もり、受発注や納品、契約書、覚書等の仕組みを理解し身につけている。

 

●データベースの基本的な管理や項目、操作等について理解している。

 

●電子商取引の特長や仕組みと、現状について把握している。

 

●電子政府、電子自治体について把握している。

 

●会社で運用している売上管理・生産管理・顧客かんり・利益率・市場調査などについてのデータの取扱いが理解できる。

 

 

〔共通項目〕

 

◎コンピュータのハード及びソフト、インターネット、イントラネットなどのネットワークについて基礎的な知識がある。

 

◎インターネット環境においての会社の業務やそれに関わることを理解している。

 

◎電子化されたデータや双方向の情報のやりとりについての特長や注意点について理解がある。

 

◎電子化された情報、データベースの管理や整理について理解がある。

 

◎ウエブサイトやメールのシステムや特長について理解がある。

 

◎コンプライアンスやセキュリティシステムについての基礎的な知識がある。