日商PC検定3級 試験

日商PC検定の試験内容【知識科目】

日商PC検定3級の試験範囲【実技】

 

 

〔文書作成〕

 

◆会社における業務で使われる文書作成アプリケーション(Word等)を使い必要に応じて文書が作ることができ、文書作成アプリケーションの操作及びファンクションをひと通りマスターしている。

 

◆社内及び社外宛のビジネス文書のひな形について理解し、これを元に定まっった形式のビジネス文書を作ることができる。

 

◆社内のデータサーバーなどから指示された文書を呼び出し、それを用いて指示に基づくビジネス文書を新規に作ることができる。

 

◆完成したビジネス文書を適当な名前を付けて、社内のサーバーやパソコンに保存し、常に使い易い状態で整理しておける。

 

 

〔データ活用〕

 

◆会社における業務で使われる表計算アプリケーション(Excel等)のファンクションや取扱いをひと通りこなすことができる。

 

◆表計算アプリケーションを使用して、会社の諸データを表にすることができ、業務の指示に基いた集計や計算、その他の操作ができる。

 

◆表計算アプリケーションにおけるグラフ機能の理解と操作及び作成ができ、グラフの用途に応じたグラフの種類を選別出来る。

 

◆指示に基いてもっとも適当なグラフを作成でき、業務内容やデータの分析および業績予測等のグラフを解析し実務に活かすことができる。

 

◆完成したデータベースを保存でき、いつでも活用できるような形でファイルの整理ができる。

 

 

日商PC検定3級受験案内