アンテナ取り付け工事

アンテナ取り付け工事

アンテナ,取付工事  アンテナ取り付け工事を依頼する人が増えています。テレビや新聞などでの報道でご存知のとおり、2011年7月24日より、全国全てのアナログ放送が終了し、地上デジタル放送が始まります。

 そのため、地上デジタル放送が受信できるテレビでないと、2011年7月24日以降はテレビを見ることができなくなってしまいます。地上デジタル放送を受信するためには、大きく2つ、専用のアンテナとチューナーを揃える必要があります。

 これは今お持ちのテレビの種類やアンテナの種類によって、新たに購入する必要があるものがあります。まず、地上デジタル放送を視聴するには、地デジ専用のチューナーが必要となります。
 これは、近年発売された地デジ対応のテレビ(チューナー内蔵型)をお持ちの場合は、すでにテレビに内蔵されているので購入する必要はありません。

 しかし、古くから使っているアナログのみ対応のブラウン管テレビなどの場合は、チューナーを新たに購入する必要があります。さらにVHSビデオを使う場合にも、テレビとは別に、ビデオ専用のチューナーを購入する必要があります。

 そしてもうひとつ、地上デジタル放送を受信するには、地デジタル放送のUFH電波を受信するための、UFHアンテナを、屋根や壁面、ベランダなどに取り付けなければなりません。さらにそのアンテナを、電波の送信塔に向ける必要があります。

 アンテナ取り付け工事には、様々なアンテナの種類があり、また取り付ける場所によって、料金が様々に異なってきます。

 まず、もう地デジしか見ない、という人の場合の地上デジタルアンテナ取り付け工事だと、2〜2万5千円ほどになります。

 そして、まだ地デジ放送が始まっていないけれど、早めに取り付け工事だけしておきたいという人の場合は、地デジだけでなく、アナログ放送と地方放送全ての電波を受信するアンテナ取り付け工事となり、料金は5万〜5万5千円ほどになります。


 地上デジタル放送へ完全以降する2011年まで、あとわずかとなってきました。直前になると、アンテナ取り付け工事の混雑が予想されています。
 そのため早めにアンテナ取り付け工事を行い、早めに地デジ放送を楽しもうという人が増えてきています。

 また、このアンテナ取り付け工事の際に、自分でやるのは面倒、または難しくてできない他の放送(BS,CSなど)のアンテナ工事も、一緒に行うひとも増えてきています。

 地デジアンテナ取り付け工事は、全ての家庭や集合住宅で必ずやらなければいけないことです。早めの工事をおすすめします。