オール電化住宅のメリットとデメリット

オール電化住宅のメリット

オール電化住宅のメリット

 

オール電化住宅のメリットはやはり割安な深夜電力を使うことによって光熱費がコストダウンできることが大きいでしょう。

 

オール電化にするとガスを使わないのでガス代の基本料金がかからないため、節約になります。また電気料金にオール電化割引という割引が利用できるので、IHクッキングヒーターも併用するのがお得。また、IHクッキングヒーターは掃除が楽です。電磁波を気にするのであれば、IHをやめればいいということになりますが、完全に黒とはわかっていないのが現状のようです。
グレーの現状でオール電化のメリットを捨てるのも悔しいですね。
IHをやめて、ハロゲンヒータやクイックラジエントヒータにすると効率は多少悪くなりますが、電磁波をそれほど気にせずオール電化できます。電磁波問題には敏感なヨーロッパではIHよりこちらがむしろ一般的だそうです。ただ、IHにはガスに比べ水蒸気を発生しないメリットがあり、夏涼しく料理できるというIHのメリットはなくなりますが。。オール電化に変えることによって、特に今までプロパンガスを使っていた人の場合はプロパンガスは単価が高いので節約効果が大きくなります。また、家族が多くて光熱費がかかる、これから子供が大きくなって光熱費がかかることが予想される。そんな家庭では特に有利になります。

 

IHヒーターは、実はバツグンの熱効率で、お湯が沸くのが早いなんてこと知ってました? 強火が命の中華料理も、温度調整が難しい天ぷらも、時間のかかる煮込み料理もお手のものです。後片づけも、トッププレートがフラットなので、サッと一拭きするだけ。実に簡単です。
しかも火を使わないため、ガスに比べると立ち消えや不完全燃焼の心配もなく、子供やお年寄りにも、安心して使えると思います。また、切り忘れ防止や空だき自動OFFなどの安全機能も充実しています。

 

 

リビングを床暖房にすると、足元から自然な暖かさが部屋中にひろがります。
火を使わないので室内の空気はいつもキレイ。エアコンのように空気が乾燥しないので、快適な室内空間が保てます。
また、水蒸気も発生しないので、ダニやカビの原因となる結露もほとんどありません。
多機能型エコキュートと組み合わせると、ヒートポンプシステムで沸かしたお湯の熱を利用できるため、省エネ効果・経済性も高くなります。