オール電化住宅のメリットとデメリット

オール電化住宅についての最新情報

オール電化住宅のメリットとデメリット(欠点)について、

 

新築の場合や電気料金、その普及率なども気になります。

 

暖房や給湯での比較などもしたいところです。

 

住み心地はどうなのでしょうか。オール電化住宅について考えてみましょう。

 

 

 

 

 

【PR】

激安住宅購入マニアル

オール電化住宅のデメリット

オール電化住宅はとても魅力的ですが、デメリット(欠点)の部分についてもしっかり検討しておく必要がありますね。

 

オール電化住宅デメリットとしてよく言われるのがIHクッキングヒーターの電磁波による健康問題です。
 日本ではまだそれほど電磁波に対する関心がありませんが、高圧送電線の近くにいるとガンになりやすいなど、一時電磁波の問題が話題になっていました。私もよくは知りませんでしたが、電磁波による影響は、欧米ではかなり一般的に浸透してきています。日本は、電磁波に関しては、ニュースでもあまり取り上げられず、欧米より大分遅れを取っています。
 具体的に電磁波の影響としてどんな健康被害があるのでしょうか。軽いものだと頭痛や吐き気、重症になるとがんや、白血病の発症率が高くなる可能性がありこれがもっとも懸念されています。しかし、電磁波を浴びた人すべてががんや白血病になる、というわけではなく、可能性が高くなるということです。長時間電磁波を浴び続けた場合に、より可能性が高まるようです。
 とはいうものの、電磁波は、電気を使用しているものすべてから、多かれ少なかれ放出されています。パソコン、テレビ、ドライヤー、ホットプレート、こたつ、ホットカーペット・・・などなど。あげればきりがありません。
ですから、現代の日本で生きていく以上、電磁波を浴びずに暮らしていくことは不可能といえます。
 さらに、オール電化の代名詞とも言える、IHヒーターですが、ガスに較べ火力やその他使える鍋などの種類にデメリットがあるのも事実です。
 例えばガスであれば、三つ口のコンロを最大火力で同時に使用することができます。しかしIHクッキングヒーターの場合、火力に制限があり、同時に三つのヒーターを最大火力で使用することができません。またIHヒーターの場合、鍋底を加熱するわけですから、当然鍋の底が平らなフライパンや鉄板などしか使えません。
 土鍋や中華鍋は使うことができないのです。よく「IHヒーターなら火災の心配がない」と思う方もいますが、これも正しくはありません。天ぷら油などは油温が一定の温度を超えると自然発火します。IHヒーターでもガスでも火災の危険は同じなのです。

 

 

給湯についてはどうでしょうか?
 オール電化住宅の場合は、温水器は電気温水器となります。しかし、電気温水器の場合はシャワー圧があまり強くありません。強いシャワー圧が好みの場合は高圧力型を選ぶ必要があります。また、電気温水器では一定量の水をタンク内に貯めておくために水アカなどが発生しやすくなり、メーカーも飲用は不可としていることがほとんどです。
 また、急に大量の湯が必要になったときに湯切れになることがあります。床暖房や浴室暖房乾燥機に対応した電気給湯器もあるようですがイマイチだという感じです。電気式の浴室乾燥機は乾燥に時間がかかり、パワーではガスにはかなわないようです。

 

 

停電したら?
オール電化住宅は、停電したらなにも使えなくなってしまうのではないかとの心配があると思いますが、それは今の時代、停電したらオール電化でなくとも、ほとんどの設備は電気を使っていますので特にオール電化住宅だから、というデメリットにはあたらないでしょう。停電したら、まず今は電話もガス給湯器もだめになります。暖房機もエアコンも電気を使っていますので停電したら、同じです。